イースポーツが今アツイ!世界が夢中になる理由とは

2019年2月23日 更新 eスポーツ
イースポーツが今アツイ!世界が夢中になる理由とは
今話題のイースポーツ。
ネットでも、その言葉を目にすることが増えました。

ゲームに関する言葉だとはわかっていても、ゲームってスポーツになるの?
そもそもイースポーツと呼ばれる理由は?そんな疑問を持っている人も多いはず。
気になるイースポーツについて紹介します。

イースポーツってそもそも何?

 (2750)

イースポーツの概要

イースポーツ(e-sports)とは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ・競技として捉える際の名称です。

海外ではすでにスポーツの一つとして捉えられていて、億越えの高額賞金が話題になることも。
ゲームのジャンルも、対戦格闘ゲーム、FPS、スポーツゲーム、MOBAなど多岐に渡ります。
他のスポーツと同様選手として楽しむだけでなく、観戦も楽しみ方のひとつです。

イースポーツのプレイヤー

「プロゲーマー」と言われる各ゲームの凄腕プレイヤーは、スポーツ選出と同じようにバックにスポンサー企業がつき、収入を得ています。
多くの企業がイースポーツの盛り上がりに注目し、スポンサー企業も年々増加中。

野球の競技人口が3,500万人なのに対し、イースポーツの競技人口は1億人以上とも。
そしてプロゲーマーの中には、ヒーローのような扱いをされている人も多く、サインを求められることも珍しくありません。
プロゲーマー養成学校もあり更に競技人口が増える予想です。

イースポーツの大会ってどんな雰囲気?規模は?

イースポーツと言えば、大規模な大会も魅力のひとつです。
ゲームにもよりますが、海外の大規模な大会では試合中大歓声が響き、選手名のコールが起こることも。
実際にその熱気を見ればイースポーツがスポーツと言われるのが納得できる人も多いはず。

また、イースポーツだからこそできるのが、オンライン大会です!
会場がなくても、ネットを舞台にオンラインで大会を開催することも珍しくありません。
世界中のプレイヤー同士で気軽に対戦・大会ができるのもイースポーツの魅力のひとつ。

イースポーツカフェに注目!

イースポーツカフェは高スペックパソコン、ボイスチャット環境などイースポーツゲームをするのに理想的な環境が整っていて、自宅にPC環境がない人でもイースポーツゲームを楽しめます。

店舗は東京都内を中心に神奈川、大阪、福岡など都内以外にも続々と増えています。

日本のイースポーツは今後さらに発展していく可能性がある!

日本のイースポーツは、規模や賞金などが小さく後進国だと言われることも多いですが、
2018年12月には、日本でも賞金1億円のシャドウバースの大会が開催されました。

また、国際規模の大会を東京だけでなく、福岡でも開催。
高校生限定のイースポーツ大会を開催するなど、競技人口の増加に積極的な動きがみられ、
日本でもイースポーツが大きく発展する可能性は十分にあります。

始めるなら今!イースポーツの世界に触れてみよう

世界中で注目され、日本でも2018年のユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされるなど
注目度が高まっているイースポーツ。

大会はスポーツの大会同様、歓声が響きあう熱いムードです。
世界でも日本でも今後さらに盛り上がることが予想されるイースポーツの世界に触れてみませんか?