折り方と幅がコツ!おしゃれメンズのロールアップ着こなし術

2019年3月8日 更新 ファッション
折り方と幅がコツ!おしゃれメンズのロールアップ着こなし術
メンズパンツの着こなし術のひとつ、ロールアップ。子供っぽく見えてしまい、手が出しづらいと感じている人も多いテクニックです。

メンズパンツの着こなしで悩むメンズ必見、ロールアップをおしゃれにマスターするコツを紹介します。

ロールアップのやり方

 (4214)

さまざまなバリエーションのあるロールアップですが、主に「どこまで折り返すか」と「折り返す際の幅」、「折り返す回数」の3つの要素で印象ががらりとチェンジ。

まずはロールアップの基本テクニックを紹介します。

ロールアップはどこまで折り返す?

ロールアップといえば、一番気になるのが「どこまで折り返すか」という課題。

おしゃれに見えるポイントは、折り返した際にちょうどくるぶしに当たるか、くるぶしが見える箇所。

靴からくるぶしまでの隙間が野暮ったさを消してくれて、すっきりしたシルエットに。足長効果にもつながります。

ロールアップの幅を細めにする場合

細めのロールアップ幅は、ガッツリと主張しないため繊細なスタイルに仕上がります。

親指の第一関節くらいの幅でワンロールするだけで、普段のパンツより垢抜けた印象に。

またツーロールすると、足首からシューズにかけての抜け感が出るので、足元をカッコよく見せたい時におすすめのテクニック。

ロールアップの幅を太めにする場合

ロールアップの幅を太めにすると、どっしりとした男らしさを演出してくれます。

存在感があるので、足首に強めのアクセントをつけたり、ストリートファッションを楽しみたい時におすすめです。

ロールアップする回数は?

ロールアップする回数は、パンツの丈に合わせる、あるいは自分の好みでOK。

ただし、スキニーなど細めのパンツの場合は、折り返す回数が増えるたびに足元にボリュームが出てしまうので、バランスが悪く見えてしまいがち。

一般的には、どのパンツでも2回程度がベターといえます。

おしゃれの分かれ目!ロールアップの注意点

 (4217)

ロールアップの基本を押さえたら、今度はどうおしゃれに見せるかを意識しましょう。

それにはいくつかコツがあるので紹介します。

きれいに折る

ロールアップ初心者がやってしまいがちなのが、見た目を気にせず適当に折ってしまうこと。

せっかくのロールアップも、折り目が整っていないとおしゃれに見えず、逆に印象がダウンしてしまいます。

グチャッとした折り目にならないよう、丁寧な折り目を心がけましょう。

シワを伸ばす

折っている時、裾がシワになっていないかもきちんと意識したほうがいいポイント。

パンツの裾を引っ張りながら、シワを伸ばした状態でロールアップするようにするとGOOD。

ブーツやハイカットスニーカーを合わせるときの丈

意外と悩む人が多いのが、ブーツやハイカットスニーカーを履くときのロールアップ丈。

ロールアップが靴に少し被るくらいの長さを意識すれば、おしゃれできれいに見えますよ。

ただし、ゴツめのものを履く場合は足元がゴワつく原因に。ブーツインなど別の方法も試してみて。

季節感を意識する

ロールアップは、春夏秋冬いつでも使えるおしゃれテクニックです。しかし、おしゃれ上級者を目指すなら季節感も意識して取り入れたいところ。

春・夏などの暖かい季節は、足首を見せて爽やかさを演出。反対に、秋・冬はおしゃれな靴下をチラ見せしたりブーツと合わせると、細部までこだわりったおしゃれ感を演出できます。

ロールアップに合うパンツは?

 (4215)

様々な種類があるパンツですが、中でもロールアップにぴったりなおすすめのパンツを紹介します。

黒スキニー

1本持っていれば通年使える、そんなおしゃれメンズの定番アイテム・黒スキニーパンツは、ロールアップも完璧にこなせる万能っぷり。

黒スキニーならではの引き締まったラインを、ロールアップによってさらにスタイリッシュに見せることが可能。

大人っぽい印象を残したいときのおすすめテクニックです。

デニムパンツ

デニムパンツをロールアップすると、もともとのカジュアルなこなれ感がさらにUP。

コーデによってロールアップの方法を変えると気軽にイメチェンができるのは、濃いめのインディゴカラーから薄めのライトブルーまで、さまざまなバリエーションがあるデニムならでは。

テーパードパンツ

太もも部分をゆったりさせることで脚のラインがあまり出ず、体型を気にせず穿けるテーパードパンツ。

もともと足長効果があると言われているアイテムですが、ロールアップすることでさらに相乗効果を得ることが可能。

スタイリッシュなコーデをきめたいメンズにおすすめ。

ロールアップを着こなしてメンズデニムのおしゃれ度UP

 (4218)

足元をスタイリッシュかつおしゃれに見せてくれるロールアップ。

コーデは変えても履き方はいつも同じになってしまいがちなパンツも、ロールアップの方法次第でおしゃれの幅がぐんと広がります。

今回紹介したロールアップのテクニックをマスターして、メンズデニムのおしゃれ度をUPしてみて。